5月2回目レッスン

頭部管の練習はつつがなく。最初の音出しの時に「低音ソ(1G)を限界まで強く吹いてみて」と。


低音が豊かに鳴るようにというのが今後の目標で、私の楽器はもっと鳴るはずということで。
中高音に慣れてくると、低音が鳴らしにくくなってきたような気がしてた。切替が大変難しい。音程も考え出すと「あー!」てなる。

 

今回から基礎練習は、巻末の方のオクターブ練習。
アンブシュアを変えずに上下できるように。なかなか難しいし、集中力が必要。ひととおり吹くと結構ぐったり。
これはいい練習だなあ。

 

スケールとエチュードはDdurとhmoll。
Ddurは2曲とも私にとっては難曲。
一曲目は何とか合格。フレージングが難しいなー。クロスフィンガリングってやつだね。指が変わった瞬間に音が出るイメージをしっかり持つ。
なんとなく指だけで吹こうとするとダメみたいね。


二曲目はなんと継続。「普通だったらここまでできてたら合格ですけど、多分もうちょっと速くできるはずです」と。
確かにもうちょっとテンポ速いはずなんだ、うん、わかってた・・。
先生から運指の練習方法を伝授されて。前にもやってみたけど、符点で練習するのはオーソドックスな練習方法なんだな。

 

hmollはあんまり練習できていなかったけど、Ddurより簡単だったのか、どちらも合格。
二曲とも曲のイメージがつかみやすかったのもあるかな。どちらの曲も好きな曲。あと、hmollの調性も好きかも。

 

宿題:
Ddurのエチュード2曲目(テンポアップ!)
Fdurのスケールとエチュード