7月1回目レッスン

先月あたりからひとつ前の枠が埋まったみたい。お仲間が増えるのはうれしいな。

 

今日の音出しはBdurの音階のロングトーン。体感的に(多分)テンポ60で8拍。


息をセーブしないと足りなくなっちゃう。うまーくコントロールできて余裕で終われるときとちょっと足りなくて「くるしー!」ってなるのと両方ある感じ。


初心者にしては頑張ってる方かな?多分。切り方もうまく行ってるところもあったし。
普段の練習の時はオクターブで練習にしておいて、テンポ60も時々やっておこう。

 

Bdurのスケールは合格。ブリチャルディキーを使ったほうがやっぱり楽。音も明るくなるし。どうやら積極的に使っていいっぽい。

 

前回全然できてなかったメヌエットは、三週練習したおかげで合格。しかしなんも考えないとどんどん速くなっちゃうなあ。気をつけないと。


もう一曲の方も、「よくできてますよ。この曲は難しいですよね。」てな感じで合格。3Esは練習ではほぼ外さなかったのに、レッスンではなかなか出ず。やっぱり平常心でできてないんだなあ。最初上半身が固いと言われてしまったし。リラックス、リラックス。

 

どんどん進んでgmollのスケール。これもブリチャルディキー使いましょうということで。右人差し指をついつい忘れてしまうから。


エチュード一曲目は合格。三拍子の前ふたつのレガート、という音形がとにかく苦手。苦手意識を無くさないとトラウマになっちゃいそうだ。身体を使って吹きましょうと言われたことを忘れずに。ちゃんとやればできるんだー!

 

もう一曲のエチュードは3Esと3Fの指が回らずに継続。レッスンでいろいろやっているうちにちょっとできてきたかな。素振り頑張ろ。
吹いてるときに指が見えないから、虚空を見つめる私(笑)鏡を使えばよいだけなんだけどね。


先生が「どこが難しいですか」と聞いてくれるのがいつもありがたい。今回だと「3Fの運指がぱっと出なくて悩んでしまう」というのがあって、そこの強化練習の方法を教えてくれた。他の指にも応用できるよね。3Esも指が迷ってしまうので練習練習っと。左手小指は柔らかく、ね。

 

高音はとりあえず最高音まで音出ししてみた。全然運指が覚えられてないけど。たまに見ておいてくださいね、ということで。
あんまりガチで吹く練習はしなくていいみたい。3Bも音が出るなってなったら練習終わりだったし。


「高音は耳がキーンとなりませんか」というと、3Bまでは結構普通に使えるようになりますよ、とのことで。さらにその上ふたつになると先生でも耳キーンになるらしい。確かに先生は普通に吹いてた。当たり前っちゃ当たり前なんだろうけど。

 

練習は進んで、次はAdurのスケールとエチュード。シャープ3つかあ。。。
そしてエチュードの2曲目が!初めての音符数!思わず「黒っ」と言ったら先生爆笑。
ぼちぼちやっていこう。譜読みだけでも家でやらんとなあ。追い付かないよ。。

 

そして10月に発表会が開かれることになりましたよということで、選曲考えてみてくださいね。とのこと。
「結構色々できると思いますよ」と先生。うーん、なにからやろうかなあ。
とりあえず超クラシックから選曲してみようかなあ。ピアノ伴奏が付くと言っていたし。

ジャズ系とかはもっと上達してからでもいいような気がするし。ポピュラーは初級だと結構つまらないしね。せっかくのピアノ伴奏だし。


教室の担当の方が作ったと思われる申込書の文章がとても面白かった。この教室はスタッフさんが面白い人ばかりなのよね。