やっぱり合奏はたのしい!

フルートオーケストラの練習に行ってきた。

 

数回の全体合奏で本番という強硬スケジュールの上に、なかなか高難度の楽譜が届き「ちょっと早まったかな」とか思ったけど、 記念受験的発想で乗り切ることに。


他のみんなはこれ吹けるの?と思いつつ初練習に臨んだところ、ち ゃんと熟練の方が各パートに配置されてた!これは一安心。

 

ある程度吹けるところは指揮に合わせられたし、合奏を楽しめたかな。


あと本番に向けては、技術的にちょっと厳しいなという所は無理せ ず簡略化したりあきらめたりして大丈夫そう。 吹くところを決めとこう。選択と集中
このフレーズは吹きたい(好き!)という箇所もわかったから、そ こを集中して練習しましょ。

 

歌以外の合奏というのは、高校以来本当に久しぶり。
テクニック的には全然吹けていないんだけど、合奏は楽しかった。 指揮者に合わせる、他の奏者に合わせる快感っていうのだろうか。


これから始めるんだったら、少人数のアンサンブルというより中~ 大規模の団体がいいかなあ、なんて思ったり。
指導者、指揮者がいるところがいいなあ。

 

そんなこんなでウキウキしながら帰ってきた。